2015年05月30日

2015年05月20日

2015年05月15日

時給1500円にするよりも

アルバイトを全員正社員にすると、日本が滅びますww
と言うのも、日本の法律では可能な限り、雇用保険、社会保険、厚生年金等、正社員になれば、目に見えない部分で会社が負担しなくてはならないお金が発生しているからです。
故に、正社員ではなく、アルバイト雇用で人件費を浮かしている、と言うのが、今の大多数の会社、引いては、日本の現状な訳です。
ですから、正社員の場合、確かに時給換算すると、アルバイトより単価が安くなりますが、実際には、保障や保証等の部分で、それ以上のお金が掛かっているので、アルバイト時給を上げるより、全員正社員にしてしまう方が、日本が滅ぶ確立が高くなるのです。
単純に、時給換算だけで思考している人は、会社で仕事をした事がない人か、若しくは、福利厚生の内訳を知らない人、福利厚生のない会社に在籍している名ばかり会社員の人だけです。所謂、社会的思考が底辺の人達です。こういう人達の書く話は、最もらしい事を書きはしますが、実態を反映せず、イメージだけの正しくない情報で誘導している場合が多いので気をつけましょう。

因みに、時給を上げて、実際、それに見合った仕事をしているのか、と言う人もいますが、そう考えるのは、日本人自身の自己評価が低いからという事と、金額を見える部分だけでしか判断していないからです。
そういう人間は、例えば、人件費を抜きにして、その商品を作るのに、一体どれだけの時間と、お金が掛かっているのか、と考えた事はないでしょう。実際に、その商品を掛かった金額だけで出すと、購入金額以上のお金を払わなくてはならなくなります(笑)
それを聞くと、そんなにお金がかかるのと、まあ、かなりの確立で驚くはずですが(笑)
良い例が、売れるかどうかわからない商品の試作販売や、初期販売の商品の値段が高い理由を考えればわかります。それなりに売れれば、大量化で安く出来る物がある為で、会社としては、それを安くする為に、色々とやっている訳です。その結果、安くなったと言うだけで、発売当初の金額に戻せば、恐らく、それに見合った仕事になるでしょう。最も家庭で出来るものを売っている場合は、自分でやった方が圧倒的に安くなるのに、他人に任せ、それを買うと言う時点で、やはり、それに見合った仕事をしていると言う事になります。
時給の話も、商品の話も、日本の経済、商業を勉強していれば、理解できる話です。
posted by ぴよぴよ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

2015年05月05日

○アロマ スキンケア etc



posted by ぴよぴよ at 09:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日