2016年04月28日

日本で林業が衰退した訳。

よく、日本は資源がない国だ、なんて言う人がいるでしょ。それは、日本人が利益になると考え、そこにある資源を一斉に取り尽してしまった結果なんですよ。中国人と同じ考えですね(笑)主要産業の石炭や金の採掘等もそうですが、木材にしたってそう。利益にならないと見るや、そこから手を引いて放置した結果、今では、木が生い茂るようになってたくさんあるように見えるようになっただけの話な訳ですよ。しかも日本の場合、幾ら森林面積が多くても、殆どの森林は治水の関係上、国有林化されていて、実際に使える森林面積はそう多くない訳です。だから、すぐ近くに山ほどある木を、商売に活用すると、すぐになくなって先細りするしかないんです。なのに、日本国内で林業が衰退し、外国の木を輸入して買わなくてはならなくなったのか、そんな事もわからない、こんな人間が存在してる時点で、今の日本人の大多数は、思考が中学生以下のレベルの間違いだらけの日本人しかいない事を証明してしまっている訳です。要するに、文化や精神面は、中国並みと言う事。因みに、まず日本の森林の半分以上は、針葉樹で、加工が難しい樹木。よって、使える用途が決まってしまう訳です。海外からの輸入材の多くは、日本では少ない広葉樹が多く、加工しやすい樹木。そういう用途的な問題もあって、輸入木材が増えた訳です。更に木材を切り出す作業にも手間隙が掛かり、一度伐採し、植林したとしても、使用に耐えうる大きさに育つまで、少なくとも10年、20年かかる訳。そこから、使える物を選定すると、実際に使えるものは、もっと少なくなる。使用量の多い住宅用木材を切り出すと、それ以外の部分は、廃材扱い。かつては、それらの部分も爪楊枝や、割り箸の材料として使われていたが、今では、それすら中国からの輸入に頼っている訳。結局、大量生産や需要に応えるには、効率が悪く、売り上げに繋がらないと言う事で、林業が衰退したと言う歴史がある訳。過去の歴史や経験を知らないと言う事は、無知と同等。何故そうなったのか、物事には必ず理由が存在します。その理由を考えない、考慮しないと言うのが、典型的な間違いだらけの日本人なのです。そんな日本人が、中国人や韓国人より優秀な訳ないじゃないですか(笑)
posted by ぴよぴよ at 10:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

予知と予測と予想は違う

読んで字の如し。似ているようでも全く意味が違うので、混同するのは問題です。
予知 予め知っているので、外れてはいけない。
予測 予め計測等によって推量する。当るか外れるかは、わからない。
予想 予めそうなるだろうと想像する。想像上のものなので外れるのは当たり前。
これを的中率にした場合は、100、50、0パーセントとなるので、使われている言葉によって信頼性とか信憑性、それにかかる責任も変わってくる訳です。ところが、耳障りの良い言葉なので、日本人は、つい予知と言う単語を使いがちですが(笑)
誰も予め起こる出来事を知ってるなんて事など、ない訳です。にも関わらず、そう言った意味を全く何も考えず、平気で使ってるのが、間違いだらけの日本人と言う事になる訳です(笑)
だから、予測か予想をするくらいがせいぜいで、地震予知は出来ないのです。

なんか、トラフグ自身の話を一生懸命してる人がいますが、そんなものは、そう簡単に起こりません。と言うか、まず、起こらないと言って良いでしょう。理由はすごく簡単で、その場所は、地面を生み出す場所だから。生まれて成長し、最後に行き詰ったところで、壊れる訳ですね。つまり、その行き詰った場所では、起こるんですよ。行き詰った場所に空間が発生し、余裕が出来れば、生まれたものは成長する。この成長速度が早いと起こりますが、そう簡単に、行き詰った場所に大きな空間が中々出来ない。そうすると、成長した途端に行き詰る事になる訳ですが、たくさん生まれる割に、大きく成長する事がないので、大事になる事は少ないと言う事です。結局、行き詰った先々で、たくさん壊れ始めると、成長率が大きくなる可能性がある事になるので、そういう状況が頻発した後は注意が必要になってくる訳です。これが理解できないのが間違いだらけの日本人なんですよ(笑)
posted by ぴよぴよ at 13:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

ブラック企業が出来る訳

今の日本でブラック企業が出来る原因は、大きく分けて3つ。
一つは、働かせてやってる、働かせてもらってると言う日本人独特の思考。
一つは、双方が労働法を知らず働かせ、働いている事。
一つは、経営側が違法すれすれで働かせている事。言い換えると、性善説を利用し、日本の労働法を悪用している事に尽きる。
ここに賃金の問題を持って来る人間がいるが、それら全ては労働法に記載され、働かせ方もそれが元になっているので、賃金の事はまた別の話。ここで賃金の話をする人間は、基本的な労働法について、何も知らないと言わざるを得ない。
労使は対等であると言う認識と、共通のルールである法律を知る事で、初めて経営側が違法労働行為をしていないか判断する事ができ、それを是正する事で、ブラック企業を減らす事が出来るようになる。
ブラック企業がなくなると、日本の経済は打撃を受けると言う人間もいるが、それは間違い。
充分な利益を上げられない企業は倒産し、その分、失業率は増加するが、健全な経営で、確実に利益を上げられる企業だけが生き残り、優秀な人材は、富の再配分ではなく、人材の再配分、若しくは、集中化する。そこで働く人間は、必要な休暇を取る事もでき、豊富な人材で、より優れた物を生み出す環境にも繋がって行く事にもなる為、日本経済の損失にはならない。
先に上げた賃金の問題、例えば、売り上げが上がらず賃金未払いになる企業であるならば、そもそも人を雇うどころの話ではなく、人を雇えないのであれば、その企業を運営している人間だけで売り上げを上げれば良いだけの話。勘違いしているようだが、企業は必ず人(正確に言うと経営者以外の労働者)を雇わなくてはならないと言う法律は今の日本には存在しない、にも関わらず雇用する。所謂、それが労働法の悪用と言う訳。
人を雇いたくても売り上げが少なく賃金が払えない、その時点で、それは人を雇用する存在に値しない仕事、中小零細企業としてやって行くしかないのである。利益が充分に上がるようになってから、人を雇用しても決して遅くはないのに、利益を上げられない状態で企業が人を雇用するので、ブラック企業になるのは間違いないのだが、その根本の法律を、少なくとも企業側が理解しておらず、それを正しく監視、管理する第3者が存在しない為、結果として、ブラック企業が出来上がってしまうのである。
posted by ぴよぴよ at 10:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする