2016年06月01日

仕事をしているフリをしている人達。

手前味噌で申し訳ないが、今まで私が所属していた会社なり、営業所なり、店舗なり、かつては売り上げ上位を誇っていたにも関わらず、大抵のところは、私が転職をしてその職場からいなくなると、残念ながら、廃止や閉店等で消滅、良くても縮小、合併等で親会社に吸収されると言う憂き目にあっている。そもそも、私が転職をする理由が、その職場が働くに値しない環境になったと判断した場合が多いからで、私が転職した後は、そのような状況になるのは、ごく当然の事。結論から先に言うと、本来あるべき働き方や、仕事の進め方があるにも関わらず、そういう事を知らない人間ばかりが集まりだすと、あっと言う間に、働くに値する環境ではなくなってしまう訳です。本来あるべき働き方や仕事の進め方など、誰にも教わってないから、わからないと言う者もいるが、それは、わからないのではなく、ただ単純に何も考えていないだけ。周囲の人間が、常に全体を見通して、如何に効率良く仕事が出来るか、と言う事を考えているのであれば、おいそれと働くに値しない環境にはならないのだが、如何に自分だけが効率良く楽して仕事が出来るか、とか、自分のポジションさえ守れれば良いと言う考えの人間ばかりになってしまうと、本来あるべき働き方や、仕事の進め方にはならなくなる為、誇りを持って仕事するというモチベーションが維持できなくなる、つまり、やる気がなくなると言う訳。所謂、管理職と言う立場の人間も、教育したり、管理したりする事、確かにそれも仕事ではあるけれど、それは仕事の一部であって、主たる仕事は違うだろ、と言う話。それで利益を上げている訳ではなく、現場の顧客から利益を得ている訳で、故に、そうならない仕組みを作っている会社でない限り、現場に出てこない人間、ただ管理のみをするだけの人間がトップにいる会社は、必然的に利益は落ち、衰退していく確立が大きくなる訳です。更に、例えば、研究開発部門と管理部門と販売部門があった場合、大抵の日本企業は、それぞれが独立して動いている訳。これを会社全体として、俯瞰して見る部署、それは通常、社長であったり、運営部門であったりしなくてはならないにも関わらず、各部署の動きを知らない人間がそういう立場にいる事が往々にしてある。これも現場の顧客の事を知らない、に通じるものであり、社内の状況を知らなければ、同様に、不祥事の発生や、利益が落ち衰退していく確立が大きくなる訳です。それをやる、まず敵を知り己を知れば百戦危うからずではありませんが、全体を良くしようとするのであれば、自分の事も、相手の事も、広い視野で考えて行かなくてはならないのです。歩きスマホをしている人間は周囲が見えない、つまり、視野が狭い人間と言う事になり、更に、そういう人間が多いという事は、仕事をすると言う事はどういう事なのか、本来あるべき仕事の進め方を知らない人間に通じ、効率の悪い仕事しか出来ない。極論を言うと、仕事をしてはいけない人達。そういう人間は、仕事っぽい何かをしているだけで、仕事はしておらず、しかも増え続けているのだから、そりゃあ、日本経済なんか、いつまで経っても、よくなる筈がありませんって(笑)
posted by ぴよぴよ at 16:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする