2016年08月25日

知らなかったら、先に調べろ。

先日の何故調べないのかに関連してますが、何故、株式市場に上場できるのか、知らない人間が多過ぎる(笑)それって、突き詰めた結果として存在している今の形式を知らないと言う事は、資本主義を知らないと言う事とほぼ同義ですよ(笑)別に、株式を上場するのに、会社自体の善悪、正邪は直接関係ないんですよ(笑)途中で売り上げが下がる事があれば、すぐ上場廃止の対象になるので、滅多な事で上場できないと言うだけで、それなりの期間の間、一定の利益を常に上げ続け、今後も利益を上げ続けられると見込めるのであれば、上場なんて直ぐにできるんです(笑)売り上げ至上主義と言うか、拝金主義と言うか。今の日本企業の大半がブラック企業の理由は、ここにあります。それにしても、資本主義社会で生活しているのに、何故上場できるのかわからない、と言うのは、私は馬鹿ですと公言してるようなものです(笑)しかも、ネットで発言しているならば、世界中に向かって(笑)まず、株式の仕組みを知った上で発言しないと、何を言ってるんだお前は、と言う事になる(笑)つまり、疑問に思ったら、発言する前に、何故調べないのか、と言う事。ツイッターとか、思いついた事そのままの短文メールばかりしていると、浅はかな思考しか出来なくなってくると言う事。要するに馬鹿。故に、ツイッターはバカッターと揶揄される訳(笑)
もっとも、仕組みを知った上で発言している場合も無きにしも在らずですが。私の場合は、概ねそちらの傾向が強いので、度々、何を言ってるんだと言う輩に出会いますが(笑)一点集中は、馬鹿の一つ覚えと同義。
とは言うものの、コケの一念、岩をも通す、とか、マンチェスター経営学なんてものもありますから、使い方によっては、馬鹿な考えでもないんですが、そういう物もあると言う事を念頭に含めた形で発言するのと、そう言う思考を全く持たずに発言するのとでは、大きく意味が違ってくるんですね。簡単に言うと、例外があると言う事を理解しているかいないか。日本人の多くは、この、物事には例外もある、と言う事を排除した思考しかしていないので、間違いだらけの事ばかりしてしまう訳です。勿論、例外があると言っても、その例外の割合が大き過ぎても、適切な思考にはならないので、その比重も考えに入れなくてはならないのですが、折角、例外もあると理解しているにも関わらず、それをわかっている人の大半は、この比重と言う考えを排除してしまっているので、やはり、間違いだらけの事ばかりしてしまう訳です。
物事を見ただけの人間200人に対して、物事を理解した人間100人。その内、例外もあると理解している人間50人。更に、その割合の比重も考えられる人間25人。と、最終的に正しい判断が出来る人間は、総数全体の100分の1しか、いないと言う事です(笑)因みに、最後の25人は、専門家ではありません。専門家と言うのは、一点集中の最たる立場ですから、決して、正しい判断が出来る人間にはならないのです。結果を出すのが専門家であって、その出した結果を最終的に判断するのは、専門家ではないのです。近視眼的で、物事の全体を俯瞰する事ができなくなっている人間は、専門家と同じ環境になっていると看做す事が出来るので、正しい判断が出来ないと言う事に繋がり、結果的に、間違いだらけの日本人と言う事になってしまうんでしょうね。
posted by ぴよぴよ at 23:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする