2015年06月15日

マイナンバーと年金制度

建前上は、横との繋がり、連携を、と言う事になっていますが、実態は、個人情報関連は金になる、って事で、そこから発生する利権だけが全てなんですけどね(笑)
これについて、一々書いていたら、スペースが足りなくなるので、例によって結果のみを端折り書きしてたんですが、やはり、どうも上辺しか読めないアホな日本人がいるようで。
後出し、後付の理由ではなく、全ての状況可能性を考えた、経過を省いた結果だけを書いているので、そこまでわかるか、と言われれば、深く考えずに、反射的に意見する人には、まずわからないでしょう。
と言う事で。
マイナンバー、やるなら、まず公務員で実施して、問題なければ、一般に運用すれば良い。
システム構築費用は税金なので、後でデータ修正処理をすると、更に莫大な費用がかかってしまうので、やるなら一斉にと言う考えなのでしょうが、実際に運用実績がない状態で、不具合が発生したら、誰が責任を取るのか、という事。
一般企業であれば、社内共通のシステムを作って運用しているはずなので、それと同じ考えです。
そこで、問題がなければ、徐々に広げていく。何故、それが出来ないかと言うと、費用の問題を差し引くと、ただ単純に面倒臭いから。

実際のデータは、別に一元管理している訳ではなく、そのデータを検索する為のナンバーを、共通に割り振る事で、確認をする際に、他の関連データも横の繋がりで調べて、同時に確認できると言うのが、マイナンバーの趣旨。言ってみれば、固定で変更する事の出来ない共通のパスワードを配布するのと同じ。しかし、実際に、そのナンバーで横の繋がりを確認できてしまうので、結果的に、一元管理してると言っても過言はないでしょう。

だから、データを管理している訳ではなく、その共通ナンバーでデータ管理するだけなので、ある特定の人、つまり、公務員限定で、そのナンバーを割り振り、運用する事が可能で、システム的に大きな変更をする必要性がなく、公務員のみに適応でと言うのは、当然出来るという事です。
勿論、その後の統一するための修正作業は、大変でしょうが、それを言ったら、基本的なシステムを変更する訳ではなく、言ってみれば、検索システムの変更なだけで、登録作業をするのは、今でも後でも変わらない訳で、むしろ、消えた年金問題と同じ、マイナンバー移行、統一作業の時に、情報データが消失しないかどうかを問題視する必要があるでしょう。

情報が分散していようが、していまいが、それを管理する行政が、その横の繋がりが、本当に正しいのかどうか、そもそも、基本的な部分で、ナンバーを見間違えるとか、横の繋がり情報を確認しないとか、逆に必要でない情報を閲覧できてしまうとか、そういうリスクがあるにも関わらず、縦割り思考のままの作業しかしていなければ、結局、事実上、横との連携を取っていない事になるので、マイナンバーは、百害あって一利無しになってしまう危険性を含んでいる訳です。

更に、個人資産の情報、滞納等も確認できると言う事らしいですが、それは、使い方によっては、年収が幾らの人は的な、選民思想にも繋がりかねない訳です。たった一つのナンバーで、税金に関する収支についての個人の情報=個人の収入、資産まで確認できてしまうと言うのは、万が一、そのナンバーデータが流出した際、非常な危険を含んでいます。

専用の回線を使う等を含め、そのデータを流出させない為のセキュリティ問題を考えるだけでなく、流出してしまった後、如何に早く追跡、調査する事が出来るかと言う能力も重要なのですが、そういった思考が全くないのがアホな日本人。入るのは厳しいが、出るのは簡単みたいな、大学制度と同じ思考と言うのは、まさに愚かと言う他ありません。マイナンバー制に何の疑問もないまま賛成している人は、そういった様々な問題を思考しない間違いだらけの日本人。社畜ならぬ、国畜と言う事になりますね(笑)

これだけの内容を掲示板に書く訳にも行きませんし、誰も読みませんよね(笑)
だから、以前も書いていますが、結果のみを書いているんです。
posted by ぴよぴよ at 21:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。