2015年08月30日

知性の格差

昔と比べ、知性の格差が大きくなってきましたね。何しろ、PCやスマホ等を使い、簡単に調べる事が出来るようになり、わざわざ自分の頭の中にある情報から引き出す必要がなくなってきましたから。ただ、情報、所謂、知識と呼ばれるもの=知性と勘違いしてる人が多いのは事実。その知識を利用して、考える事が知性なんですが、情報が手に入る=知性を手入れた、と勘違いし、そこで終わってしまう人が多い。
念の為、知性の意味を調べてみると、物事を知り、考え、判断する能力。人間の、知的作用を営む能力。比較・抽象・概念化・判断・推理などの機能によって、感覚的所与を認識にまでつくりあげる精神的能力。とあります。私が常々書いているのは、実はここの部分。情報から、それは何を意味しているのか、と言う事を色々な角度から見て考えると言う事です。これが大半の今の日本人には出来ていない。だから、先日の中国の記事について、何が言いたいのか、と言う事を、殆どの人が理解できてない。
理解できていない部分を、初めから細かく書いていくとわかりますが、まず最初に、あの記事の趣旨がわかっていない。あれは、仕事なので何かをレポートしなくてはならないからですよ(笑)そうでなければ、ただのブログで終わり(笑)単なるブログでなく、メディアとして情報発信すると言う事は、そういうことです。多くの日本人が、これを理解できていない。次に、内容的には、同じ中国国内で発信するべき情報ではあるが、あの内容は中国共産党の対応に対する批判と受け取られ兼ねない為、中国国内では規制対象になり発信できないと言う事実に対し、情報の流れが日本と同じ環境だと思っている。つまり、中国の事を理解していない。もっと言うと、他国の話なので、日本はどうする事も出来ない。世界では貧困で食べる事すら出来ない地域があるにも関わらず、日本では食料廃棄が多い。しかし、だからと言って、同じようには出来ないのと同じ。更に、かつて日本でも、中国ほどではないにしろ、高度成長期などは、父親が東北などから東京へ出稼ぎに来て、家に帰るのが、盆と正月くらいで、年に何回も帰る事が出来なかった時代がありました。これが日本に存在している格差です。それは本質的に、今も殆ど変わらない。だから皆、地方から、東京や大阪等の大都市圏へ引っ越してくる訳。これらが、比較・抽象・概念化・判断・推理などの機能によって、感覚的所与を認識にまでつくりあげる話=知性のある話になります。感情的な話だけでは、知性も然ることながら、理性のある話にはなりません。日本人は感情論、これが強すぎるので、まともな話が出来ない人が多いのです。建設的意見と言うのは、理論的、論理的な話であって、感情論だけでは建設的意見は出せません(笑)さて次に、筆者はどう思っているのか、と言う国語の授業を受けた事があると思いますが、そこで、筆者がどう思ってるかなんて、わかるわけないだろう、と言う人間、つまり文章を読み解く能力の低い人間が、幾らこの文章を読んでも理解できるわけがありません。特に長文ですら理解できないのに、ツイッターなどの短文で、どう思っているか理解しろと言っても、理解できる訳がありません。以前も書いてますが、これだけの思考情報は、ツイッター等の短文では書き切りませんから、結論しか書きません。安易に書いている訳ではなく、集約した結果を書いているのです。だから、それに対して、他の人間が後付しても、それも含まれてるよね位にしかなりません(笑)で、話がそれましたが、筆者はどう思っているのか、ですが、日本には格差が無いと思っています。正確には、中国と比べ格差が小さいので、そう感じているかも知れませんが、先の出稼ぎの例や、母子家庭、貧困家庭等、極端な例にはなりますが、日本社会全体の現象を俯瞰して見ていれば、中国と大差ない事例が存在する事が理解できる筈です。特に沿岸地域の人間とのやり取りで驚きが少ないと言うのは、それらの人々と近しい存在、少なくとも、対象となっている農村部の人とかけ離れた、農村部の人から見れば贅沢な暮らしをしている事になります。筆者は何に対して驚いていますか?何故、驚いたのでしょうか?驚いた理由はなんでしょう?筆者の気持ちについて考えてみましょう(笑)単純に、これだけです。だから、筆者がどういう人生を生きてきたか、どういう生活環境で過ごしているかは、私が言った訳ではなく、この記事に筆者自身が全てその答えを書いてくれています。さて、筆者の年齢は幾つでしょうか。自分で40代と書いてますよ(笑)と言う事は、これらの事を理解していてしかるべき年齢と言う事ですよ、にも関わらず、驚きをもった表現が出てきてしまうのは、そういう事を知る環境でご自身が育っていないからなんです。まだ若ければ、自分の事として捉える事が出来ますが、40にもなって、中国の事情も知らず、日本の事も知らず、感想だけで、一体何を伝えるのか、中国語ができると言う知識はあっても、知性が無く自身の無知をさらけ出すだけの、ただの恥ずかしいブログです。これが文章に書かれている内容を想像・推理して読み解く、知性と言う訳です。何故、断定できるかと言うと、幾つかの上記の事柄が文章に如実に表れているからです。自分にとって普段日常にある事柄は当たり前の話で、特に伝えたい事でもないので、書く必要はありませんから省略しますよね。自国で起こっている事=他国でも同じように起こっている、ではありませんが、もし純朴さに心打たれたとしたら、東南アジアを見てみなさいと言います。全体的に貧しい国が多いですが、それでも格差は存在します。しかし、純朴な人々が多い。だから、日本人が好む地域になっていたりするんですが、日本でも地方の田舎へ行けば、そういう人達はいます。結局、こう言う人達がいて、こういう格差があります、で、何?と言うお話にしかならない記事と言う事なんです。ある一定の概ね30歳以降の人で、この記事を読み何か感銘を打たれたり、感心するような人が、もし、いたとしたら、それは無知で間違いだらけの日本人と言う事なので、もっと知識と知性を磨く必要がある人達と言っておきます。取り合えず、日本語の長文を読んで、筆者が何を言いたいのか、その結果のコメントを読んで、勝手に断定してると言う風に断定せず(笑)読解し、理解した上で、この筆者に対するコメントは何を言いたいのか、理解してコメントできるようになりましょう(笑)本文を読まずに、コメントだけに対して、勝手に断定していると判断するのは、無意味な事です。
posted by ぴよぴよ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。