2017年07月08日

2015年のニュースにあった平日に学校を休ませて家族旅行

今に始まった話ではないんですが、殊に最近は、平日に学校を休ませて家族旅行に出かける家族が増えているそうです。賛成派の意見をみると、旅行なんて遊びじゃないか、と言われる人もいるかもしれませんが、遊びだって勉強。出典「家族旅行のために学校を休ませるのは是か否か」問題。とか、勉強は「教科書読めばできる」ものであり、それに代えられない経験を積ませるには絶好の機会。出典 家族旅行で「学校を休ませる」に是非。とか、中学生以上になると、受験や部活やら、友達優先になって、家族旅行に行く機会が少なくなるから、小学生のうちに家族旅行に行きたい。出典 子どもを旅行に連れて行くために学校を休ませるのはあり? 。とか、世の中は土日や祝日が休みという常識のもと回っていますが、そういう働き方ができない人もいる。出典 教師が入学式を欠席、生徒が学校を休んで家族旅行、それくらい許してほしい。とか、以上、まとめサイトより引用。また、千葉で働くフリーランサーのブログさんのところにも、同様の内容があり、概ね賛同できる答えが書いてあるので、言わずもがなですが、他にも2009年の質問サイト等にも書かれてましたね。で、 千葉で働くフリーランサーのブログより、賛成派の人の意見は以下の通りだいだいこんな感じ。
「子どもと過ごせる時間は限られている」「学校の勉強より大切なことはたくさんある」「土日仕事の両親は学校を休ませる他ない」そして、この問題、結論から先に言うと「子供の休みに合わせて、親が休みを取れば済む話」以上。で終わり(笑)
理論的に解説しますが、まず土日仕事の両親は〜の理由付け、論外。
・有給使え(使えない会社はブラック企業確定)
・土日だけしか仕事しないんですか。更に年1回も休めないんですか。
 盆暮れ正月以外に子供の休みに休めないんですか。(会社を変えろ)
 自営業でもちゃんと計画すれば、休めます。
次に、学校の勉強より大切な事は〜、論外。
・子供の為に休みを取れない親と旅行へ行った所で、一体、何を教えられるのか。
 (普段の生活の延長線上に旅行のようなイベント的な事があるのであって、その関係が成り立っているのであれば、わざわざ旅行する必要はない)
最後に、子どもと過ごせる時間は〜、論外。
・旅行しなくても、普段の生活で一緒の時間を作れば良いだけ。旅行以外に親子で一緒の体験を共有できないんですか。(平日に休みなら、小学校位なら帰宅時間が早いので学校が終わってからでも行けるイベントはある)
結局、平日に子供を休ませて旅行に行く思考と言うのは、親自身が子供に何も教えられないので、旅行と言うイベントを使い、楽して、さも子供に良い経験を積ませたと思わせている自己満足に過ぎないだけ。
まずこういう親は、自分の都合だけで、子供の事などお構いなしで一切考えていない、自己中心的で舐めた生活をしている非常識で頭の悪い間違いだらけの日本人。こういう親に育てられた子供は、モラルの欠如が著しく周囲に迷惑をもたらします。するとどうなるか、欧米で見られるような訳のわからない事件や事故が増加。強いては日本教育の崩壊です。各家庭の教育方針に任せていたら、いずれ、そのような状況に陥る事は火を見るより明らかでしょう。
今の日本の民度は作られた民度です。何も考えなくても、決まったレールから外れなければ、それなりの民度が維持できます。ただ、そのレールから外れてしまうと、自身で判断する事が出来なくなるので、素行不良の者が出てきてしまう。欧米のように、子供の頃から周囲の状況を見て自分で考え、善悪の判断を下すと言う民度ではないのです。この場合、子供の頃から素行不良の者は多いが、ある程度の年齢になると、今までの経験などから、適切な判断を下す事が出来るようになる者と、そうでないものの二極間格差が激しくなるが、自身で判断をすると言う思考は、良くも悪くも確立している。日本の場合、レールから外れてしまった場合、ある程度の年齢になっても自身では判断できないので、廃人同様になり、出来るか、出来ないかの二極化になる。厳密ではないが、わかりやすく言うとニートや引きこもりの増加。日本教育の行き着いた先が、今のこの形。
posted by ぴよぴよ at 19:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

ビール値上がり

6月から安売り規制強化で、ビール類が値上がり、と言っても、安売りしているスーパーやディスカウントストアだけの話なので、初めから定価販売しているコンビニや酒屋は全く関係のない話なんですが(笑)
安値で苦しい町の酒屋さんを救う狙いとの話ですが、若者がビールを飲まなくなり利益の確保が難しくなって来たと言う視点で見るのであれば値上げ已む無しですが、町の酒屋さんを守る為と言う視点での値上げなら間違い。何故なら、幾ら値段を上げても町の酒屋さんの後継者不足の問題は回避できないから。

そもそも、酒屋だけでなく、他の業種も似たようなものですが、町のお店のは殆どは、チェーン店ではなく個人経営が多い訳です。個人経営となると、外部から店をやってくれる人を入れるのではなく、大抵が多額の給料を支払わなくてもいいので、親族になる事が多くなり、経営を続けて行く間に、後継者がいないと言う問題が出て来る訳です。お金があれば人を雇えるようになるから続けられると言うかもしれませんが、店が自宅兼店舗と言う場合もあるので、幾らお金があっても、おいそれと外部の人間を入れる事も出来なかったりします。ここからは税金等の問題になるので色々と割愛しますが、町の酒屋さんは、最終的に利益がなくても問題ないんです。つまり、酒屋さんの収入となるお金の問題ではないので、当然ですが、町の酒屋さんを守ると言うのは、ただの名目だと言う事がわかります。

では、何が問題なのかと言うと、町の酒屋さんに利益がない、つまり赤字だと税金を納められない訳です。
国にとっては減収になる訳ですが、まあ消費者にとっては、そんな事どうでもいいんです。
要は、税金を払う対象者を増やしたいと言う狙いがあるのでしょうが、そもそも特定の金額以上の利益が出ない場合、国に販売で得た際の消費税分の金額を支払う必要がなく、仕入れ等にかかる消費税は必然的に支払う形になっているので、そちらの負担があると言うのはありますが。安売りがなくなったからと言っても、どの店もその特定以上の利益が出せるとは限らない訳です。結局、どの店で買っても同じと言う事になり、特定の店に集中する事がなくなると言うだけで、業界全体の収入が変わる訳ではない※のです。
※100万円が、ABCの三店舗に分配されるか、Aの店舗だけに支払われるかの違い。
因みに、町の酒屋さんが無くなって来たのは、元々酒屋だった店の大半がコンビニに転換して来たからです。
その為、酒屋と言う形ではなくなっていますが、酒屋としての販売形態は継続している訳です。
酒屋がコンビニに転換して来た理由は長くなるので割愛しますが、ここでも町の酒屋を守ると言うのは、ただの名目だと言う事がわかります。

では、安売り店は、酒類を低価格販売する事で、ギリギリの利益しか出さず、町の酒屋と同様に利益を出さないようにして、税金をたいして納めていないのか。と言う事になりますが、町の酒屋よりも安い価格の安売りで経営がなりたっている訳ですから、そんな事はないのです。
専業であれば、そう言う事もあるかもしれませんが、ここで対象となっているのは、スーパーやディスカウントストアの話。つまり酒類以外の物も販売している訳。要するに、酒だけで利益を上げている訳ではない事から、税金を余り納めていないと言う事はありえない事がわかります(笑)

言ってる事に一貫した統一性のない、頭のおかしな人が言ってる事への反論ですが、
まず、酒類とジュースが同じくらいの値段になったのは、物品税が消費税導入で廃止されたから。
次に、経営の安売り店は、ちゃんと利益を出していますし、税金も払っています。
まとめて仕入れたり、消費期限の短い物を仕入れたりする事で全体の価格を下げている訳です。
1缶辺りの単価が安くても、まとめて仕入れるには資金力がないと出来ません。
一般的な町の酒屋は基本的な資金力がないので、それが出来ないだけです。
メーカー価格で500mlが300円、350mlが250円は、発泡酒や焼酎類でなく、居酒屋の生ビール500mlで400〜500円位と考えれば普通。決してとんでもなく高い価格ではありません。
メーカーの正規価格、つまりメーカーが決めた価格は、とんでもなく高い価格になると言ってるのだから、メーカーの正規価格で売って欲しいと言うのは嘘。メーカーがつけてる価格は、過剰価格です。
何故、過剰価格になるのかと言うと、価格の中に酒税が含まれている為、販売価格に上乗せされた過剰価格になる訳です。長々と書いてきましたが、安売りで利益が下がると、酒税が取れなくなるので、国としては困る訳。以前もガソリン販売のニュース、こちらはガソリン税でありましたが、酒税が取れなくなる金額での販売は止めて欲しい、これが正解。

缶ビールの値上がりは、家計には負担となりそう。これは嘘。
毎日何本も常習していたら、それはただのアルコール中毒患者。飲み屋で勤務しているのでなければ、一般家庭で負担になるくらい酒を飲んでいる事自体が異常。タバコと同じで、体にも悪いし、値段を上げて早めに止めてもらった方がいい。
適正価格で業界全体が収益を上げるのが望ましいと言っているが、ビール類の国内市場は2016年まで、12年連続で縮小している。
これが、冒頭に書いた、若者がビールを飲まなくなり利益の確保が難しくなって来たと言う視点で見るのであれば値上げ已む無し、と言う事。
正しい答えの結論は、既に最初の数行で書いているんですよ。
基本的な社会全体の構造や流れを知っていれば、調べる必要は全くないのに、大した知識も関連付けもせず、私に反論している人には本当に辟易します。
小売業をした事もなく、その背景も知らず、ただ何となく生きて来ちゃった人なんでしょうね。
posted by ぴよぴよ at 15:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

長生きをしたいと思う理由がない

まあ、タイトル通りなんですがね(笑)色々と好きな事をやりきって、惰性で生活してるだけになると、長生きする必要性を感じなくなるんですよ。特段面白いと思うような事もありませんし、体も健康と言う訳でも無いので。先が見えると、長生きをする必要性を全く感じなくなる。それは、歳が若いからと言う理由ではないんです。やり続けたい何かがある人は、長生きしたいと思うのでしょうが、物事に固執、執着する必要がなければ、生き続ける必要もない訳で。歳を取っても長生きしたいと考える人は、まだやりきってない事があるとか、執着している何かがあるからなんだと思います。本来、ある程度の年齢になった時点で超えていなければならない物を越えずにダラダラと生きてしまうと、そういう事になります。要は、生き遅れてしまった人。つまらない人生を送っている人。若しくは、きっと何か良い事があると棚からぼた餅を狙ってる人。ただ歳を取って長生きしてるだけでは良い事なんかありませんよ(笑)そもそも、幾つまで生きるつもりなんですかと聞かれ、即答できない時点で、無計画(笑)そりゃあ、先も見えない、自分の事も自分で決められない人が、老後の資金を貯めないと不安になるのは当たり前(笑)まず、自分で生きると言う意思がある人は、そこへ向かって邁進してるので、老後なんて考えている暇は無いんです。若しくは、先に書いたようにやりきって惰性で生活しているか(笑)そのどちらにも該当しない人が、老後の資金について、不安になる訳(笑)そういう人は、生きているけど、活きてない。普段から死んだ魚の目をしているし、溌剌ともしていない。働き盛りの年代なのに、歩く速度が老人と同じって(笑)もう少し人生についてどういう生き方をしたいのか、マジメに考えた方が良いですよ。
posted by ぴよぴよ at 13:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

2017年04月18日

2017年04月15日

■利用者はドメインが激安



posted by ぴよぴよ at 11:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

■ハイスペックゲーミングパソコン



posted by ぴよぴよ at 11:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

2017年04月06日

2017年04月03日

■マダム・タッソー東京<公式>



posted by ぴよぴよ at 11:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする