2018年06月25日

経済面を考慮しない公共

公共の為の目的を公共の資金と言う手段を使って実現すると言うのが純粋な公共です。
だから、公共の目的を公共の資金で運営する事を主としない資本主義社会で純粋な公共と言う物は殆ど無くなるのが必然。
例えば、公共交通機関と公共放送がありますが、恐らく、殆どの日本人は、両者とも公共と言うでしょう。違います。
何故、公共に対する認識を誤ってしまうのかと言うと、それは日本人が目的と手段を履き違えている為です。
精神論と物理的な事を一緒に考えてしまっているといっても良いかもしれません。
どんなに公共性の目的と言う理想が高くても、それを運営を委ねられている媒体が公共に属していなければ、その公共性に対して一般の国民が注文をつける事は出来ません。
そして逆に、運営する媒体が例え公共に属していたとしても、その目的に公共性がなければ、公共とは言えないのです。
つまり、この目的と、資金を始めとした運営主体の両者の条件が公共でなければ、厳密な公共とは言えないと言う事です。これが本質。
私は、その本質に基づいて、日本人には公共と言う考え方がないと断じているのです。
いや、むしろ、長らく社会主義、全体主義で来た日本人は、全てのものが公共と思っていると考えても良いかも知れません。
但し、公共交通機関にしても公共放送にしても、公共性がないと言う事は言えません。公共に準ずる看做し公共性と言って、
公共(性の高い)交通機関、公共(性の高い資金で運営される)放送と言うと言う事で、完全に公共と言う考えを否定するものではないからです。
故に、公共としての目的、インフラの意味合いが強い媒体が運営するものは、公共性が高い為、例え資金面が公共に属していなくても、
公共と言う説明をしている訳です。
そして本来は、公共性の高い交通機関と言う所を、簡略化が好きな日本人は、公共が目的だから同じだろと看做し、
略して公共交通機関と言い換えている為、その認識に誤りが出てしまっているのです。
そもそも、公共性が「ある」と「高い」の違いがわかるくらいの日本語力がないと全く理解できないと思いますが(笑)
尚、単に公共について調べても、それは単純に一般的な概念としての公共であって、経済面を全く考慮せず公共を論じているので、
このような複合した説明は出てきません。




posted by ぴよぴよ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

■コミック大人買いはこちら!

posted by ぴよぴよ at 12:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

■手軽にドメイン取得

posted by ぴよぴよ at 12:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

日本語と軍歌と

冗談抜きで、本当に小学校から国語の勉強をやり直してもらいたいと思うのが、現在形、現在進行形、過去形の使い方がわからない、読めない、意味がわからない人達。そこに書かれているのが、今の話なのか、そうでないのか、文章を読んで理解できない。既に英語教育よりも、日本語教育を何とかしろと言う状況ですが、欲深でエロい上の人達にはそれがわからない。しかし、日本人の代表であるので、こういう人達を選んでる日本人はもっと欲深でエロいんですが(笑)
さて、エロい軍歌問題、じゃなく、ヒノマルの歌の軍歌問題ですが、この歌詞は軍歌か否かと言う論争が巻き起こっていたので、その歌詞を見てみましたが、まあ、軍歌ですね(笑)
そもそも軍歌の歌詞を知っている人でないと、それが軍歌であるかどうか理解できないので、これを軍歌ではないと言ってる人は、恐らく、それらの歌詞を見た事がない、若しくはイメージだけで言ってるような気がします。基本的に軍歌と言うのは戦意高揚、国威発揚の歌なので、銃や戦う等、直接的な歌詞が書かれてなくても、それらに該当するような内容の事柄が入っていれば、軍歌になりえるのです。と言う事で、何故、軍歌と言えるのかを検証してみましょうか。
まず誰に向けてのメッセージなのか。歌詞には、誰かに宛てたメッセージ性と言う物もありますが、全体の内容を見る限り、僕らと言う言葉を使っているので、少なくとも自分自身に向けた内容であると推察できます。
言葉の使い方が古めかしく、断定調である。ほぼ全ての言葉の使い方が言い切りの形、断定で終わっている。
それに加えて、使われている言葉の選び方が、血潮、御国、御霊、日出づる国、御名、燃ゆる、優しき母、強き父、この身が滅ぶ、いざゆかん、守るべきもの、沸ぎる決意等、ほぼかつての軍歌でも利用している言葉、特に日の本の国を強調する国を称える内容になると、国威発揚で愛国歌、須らく軍歌になる。
そしてタイトルが、国そのものになっているので、以上の点から、妙な勘繰りなしに、この歌詞だけを見ると軍歌だと言う事になります。
ですが日本語や日本の歴史を知らないと、これは軍歌じゃないと平気で言っちゃう訳ですね。
逆に国歌が天皇を称える歌だと平気で言っちゃう人もいますが、それもやはり同様に、日本語や日本の歴史を知らないから言ってしまう訳です。
因みに軍靴も、ぐんかと読みますが、漢字を説明する時以外で、これをグンクツ、或いはグングツと言ってしまう人は、やはり日本語を知らない人だからです。
だから教育って本当に大事。そして、自分で考えろの自己責任で、結果を妙な思考で終結させてしまわせるような今の教育は非常に問題です。
そして後は、曲調でイメージが変わるのでどうなるかですが、決して軍歌が悪い訳ではないのですよ。何しろ未だに、と言うか、クレームが来て止めてところが多いですが、パチンコ屋のBGMで軍艦マーチが掛かっていた時期もありましたから。問題は、軍歌が戦争を助長すると言う狭量な考え方が悪いのであって、現実に戦争する能力が個々人にある訳じゃないんだから、別に軍歌ぐらい歌ったっていいじゃん(笑)と言うのが個人的な感想です。
posted by ぴよぴよ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

■安定の24時間稼動

posted by ぴよぴよ at 12:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

2018年06月15日

フェイクとマッチングと

ネット上でのマッチング情報の場合、利用者側には直接的なメリットがありません。
しかし、その部分を利用者に対価を支払い収集すると言う方法、レシートの画像を送ると1枚10円もらえると言うアプリが受けているそうです。
ですがそれは、オンライン上でアマゾン等がやっている事をオフラインでやっているに過ぎません。
その結果がどうなるかと言うと、これはオンライン上での話ですが、米国でテロ事件が起こった際、犯人を捜す手がかりとして、犯行の際に利用したリッュックと圧力鍋を購入した人物を特定するのに、マッチングのシステムを利用して探しています。そして、そこでたまたまキャンプへ行くのにリュックと圧力鍋をネット検索した人の自宅にSATがやって来たという事例が実際にあります。
ネット上では、既に、こういったマッチングシステムの利用が行われていて、それが例え1回だけだったとしたても、何かを調べたり、購入したりすると、それに関連する商品やサイトの広告が何回も表示されると言うのがそれです。
つまり、こういった基本的な情報を理解していれば、その使い方は、オンラインとオフラインとの違いはあれど、最終的に、ほぼ同様になると言う事がわかるでしょう。
使い方だけを見ると確かにネット上と同じですが、ネット上でのマッチング情報は、それを実施しているところがどこか明確にわかる上に、個人情報の収集はしませんが、このアプリの場合、個人情報を収集した上に、その利用先が明確ではないと言う部分に問題があるのです。特に利用先が明確ではないと言う部分に問題があり、利用先はお金さえ払えば、これらの情報を簡単に取得できる。不特定多数に個人の情報を流すのと同じになりますから、これを他の似たようなポイントサイトと同じような感覚で使うと、最終的に犯罪やトラブルに巻き込まれたりする可能性がゼロではないと言う事になります。
そんな事にはならないと言う考えの人に対する反証する為の事例が幾つもあり、個々の事例を出してそれを一々記載するのも面倒なので省略しますが、この、先の先を見越した対策を取るのが危機管理です。この危機管理に対応するには、多くの情報とそれを考える思考力がないといけない訳です。
簡単にネット等で情報が得られるようになりましたが、それは情報であって知識ではありません。
思考力が伴って初めて知識となる訳ですが、情報を鵜呑みにするだけで考えない、所謂、無知が増えたのは、この思考すると言う事を止めてしまったからに他なりません。
フェイクニュースに騙される人や、他人からの情報を検証しないで報道するマスコミ、ある事柄について意見を出すと何かに付けてソースを出せと言う輩等は、無知の人達です。こういった人達は、どこまで行っても思考する事がないので、幾ら説明しても右から左で理解できず、相手をするのは時間とお金の無駄にしかなりません。
今の義務教育は情報の詰め込み教育だと批難される事がありますが、問題なのは、それを考える為の教育をしない事であって、多くの情報を得る、その事自体に問題がある訳ではありません。覚えることが多すぎで考える暇がないと言うのは勿論ありますが、それはただの言い訳で、どうやったら覚えられるようになるのか、と言う事を考えさせる教育にしていかないといけない訳です。最も、その教育している人が、どうやったら覚えられるようになるのかと言う事を一緒に考えず、結局、自分で考えろ、で投げてしまうのが日本の教育の根本的な問題です。
日本で優秀な人材がどうして生まれないのかと言うと、詰め込み教育が問題なのではなく、思考する為の教育をしていないからと言う訳です。
危機管理もなくレシートアブリに飛びつく人達は、その最たるもので、思考する為の教育をしなかった結果を如実に表しています。
例えどんなに凄い技術があったとしても、その発想の原点で十分な思考をしていなければ、本当に必要なものが何かわからず、何の益も生み出さない、無駄な物になるだけです。しかしそれは、利益を生むか生まないかだけを判断する事ではない。
4K、8Kのテレビの画質は凄いものがありますが、そんな技術があっても、人々が求めているのは、そこではない。
それがわからない時点で、既に日本は終わってるのです。
posted by ぴよぴよ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

2018年06月12日

□法人利用のスタンダード



posted by ぴよぴよ at 11:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

□有名人の等身大フィギュアを展示



posted by ぴよぴよ at 11:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする