2017年03月11日

○簡単運営ネットショップ作成なら



posted by ぴよぴよ at 10:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

2017年03月03日

2017年03月01日

2017年01月01日

2017年始まりました

昨年はどうしようもない人達の話題で持ちきりでしたが(笑)
今後もそういう人達が相対的に増え続けるので、今年もそういう人達の話題しか出てこないんだろうなあ、と思うと気が重い。何故かと言うと、そういう人達の話は、明るい話題には繋がらないから。問題は影響力のある人達が、どうしようもない事をやってしまっていると言う事。いや当の本人にとっては、一時的と言うか、瞬間的に明るい話題になるのかもしれないけれど、結果的に恒常的に続く話ではないから(笑)明るい話題と言うのは、例えば、景気や環境が良くなる、引いては生活が豊かになるって事なんですが、今は、それを長い目で見られない、一時が楽しければそれでいい、ええじゃないかの世相なんですね。これは江戸時代にもありましたが、その後、自然災害やらなにやらの影響等もあり、恐ろしい不況がやって来て、貧困の増加と言う歴史があるにも関わらず、歴史は繰り返す、を地で行ってしまっているのが、今の日本と言う訳です。過去の事と同じ事をやれば、また元に戻るんじゃないか。景気浮揚の為の経済思考が既にそうなってしまっていますよね。昔やった事をただリピートするだけなら簡単なんですよ。確かに私は常日頃から、原点に戻れ、的な話は書いていますが、原点に戻るだけで、同じ事を繰り返せと言ってる訳ではないんです(笑)同じ事を繰り返さない為に、最初の発想に戻って考え直してみると言う事を書いているだけです。
所謂、今の偉い人と言うのは、肩書きが偉いだけで、行動はちっとも偉くないと言う人達ばかり。成長しないし、しようともしない。無理に成長しようとして、明後日の思考をしてしまっている。基本に立ち戻れないのに成長なんて出来る訳がない。一年の初めに際し、今年は、初心に返れと言う言葉で始めたいと思います。
posted by ぴよぴよ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

それは違うんじゃないか。

そもそも障碍者や高齢者は、その時点で既にハンデがあるので、普通の人と同じように利用できる訳がないんです。その為、使いやすいようにバリアフリー等を推進しようと言うのは決して間違っている訳ではありません。問題なのは、それらの設備に健常者が合わせなくては行けなくなる事。これ間違ってます。健常者が、それらの人と同じレベルの設備を使ったら、それに慣れてしまい、本来あるべきはずの身体能力がそのレベルにまで落ちてしまいます。つまり、健常者でありながら、障碍者や高齢者と同じになってしまうのです。
差別ではなく、区別する事で双方がより使いやすくなるにも関わらず、費用やスペースといった利益優先で設備を一緒にしてしまう。自転車専用道路や歩道等もそうですが、本来、利用対象が別々のものであるにも関わらず、共用化する事で、事故等の様々な問題が発生している訳です。設備を共用化する事で、スペースも取らず、費用も少なくて済みますが、本当に必要な人が必要な時に使えないと言う状況が生まれる問題が実際に起こっている訳です。何故、共用化の様な事が起こるかと言うと、実際に利用する人は、ごく少数で、実は必要ないと思っているからで、取り合えず、弱者に優しい設備を作ってますと言うアピールをしているだけの自己満足に過ぎないからです。それ以前に弱者に合わせる必要はないんです。何故なら、資本主義社会と言うのは競争社会なのは当たり前で、その当たり前の事を忘れ、当たり前に出来てないと言う事の方が問題。自然界では弱者は切り捨てられて当たり前なんです。そうなりたくなかったら、自身が身体的に強くなるしかない。そうなる為に、何かしましたか、何をやってますか。何もしないで、私は弱者だから、弱者に合わせるのは当たり前とか、切り捨てるなと言うのは、ただの甘えでしかありません。どうせやるのなら、共用化ではなく専用で。まあ、数の問題ではないんですが、余りにも弱者に合わせすぎな社会、車とか階段とか生活保護とか色々と目に付くようになって来たので、ちょっと書いてみました。
posted by ぴよぴよ at 09:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

週休3日と言う働き方

たまに話題に上るのが、週休3日の働き方。こう書くと、大抵の日本人は、休みすぎなんじゃないかと思ってしまう(笑)ここで、皆一様に勘違いしているのは、週休3日は、連続して3日間休みになると思っている事(笑)
連続した週休2日が一般的になっているので、週休3日も連続して休みと思ってしまうのも無理はないが、そもそも法律的に休日は週1日と決まっている為、未だに週休1日の会社もあれば、例え週休2日でも、飛び飛びで休みの会社のどちらもある。少なくとも、週休2日は決して連続した休みと言う訳ではないし、週休1日の会社にしてみれば、週休2日も充分休みすぎなのである。
週休3日の考え方でも、勿論、連続して休みになる場合もあるだろうが、例えば、月・水・金のように飛び飛びで休みにした場合、休みすぎと言う感覚は皆無になる。実際、この方式は、特殊な仕事で既に存在しているが、週休3日が休みすぎと言う事にはなっていない。また、この話が出ると、すぐ週休3日では給料が下がるのではないかと言う話も出てくるが、それは社員でもなく、月給制でもない会社の場合(笑)どれだけ社員じゃない人間がいるのよ(笑)社員で月給制の会社であれば、せいぜい手当てが減るなどはあるにせよ、日数の増減によって、基本給が替ることはないので、給料は下がらない。その前に、人員整理で解雇の方向になる(笑)
まず週休3日によって会社の業績が落ちる所は、生産性の悪い会社。変形労働で3日間の穴を他の人間で埋める事によって、一人当たりの減った日数をカバーする事も出来るが、そうすると、会社は一週間に2人分の給与を月額で払う事になり、負担は2倍になる。つまり、人件費が負担になる為、そこを社員ではない人間に置き換えたり、日給制にするようになる。こういう流れになると、社員は少なくなるが、失業者が減るので、生活に困る人は確かに減り、それで良いと言う問題でもなく、代わりにワーキングプアが大量に発生する事になる(笑)
これは生産性の悪い会社の話ではあるのだが、日本では生産や製造に携わる人間が減っているので、ただでさえ生産性が悪いのに、ますます生産性の悪さに拍車がかかり、非効率で低収入と言う社会構造になっていく、つまり、今はかつての遺産で何とか維持できているが、徐々に江戸時代から昭和の始めの頃のレベルにまで落ち込んで行くのも時間の問題と言う事になるのである。要するに、週休3日の働き方が悪いのではなく、今までと同じやり方や方法で物事を考えず、生産性や働き方そのものの考え方も変えていかなくてはならないと言う事。何も変えず、あれもこれも贅沢をしたいと言う思考では、時間に余裕のある生活は出来ない、周囲を見る時間もない、当然、色々と思考する時間もない。間違いだらけの日本人が増えたのは、日本社会全体がギスギスしているからでしょう。
posted by ぴよぴよ at 15:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする