2016年08月26日

夏の風物詩

夏の風物詩といえば、交通事故と水難事故ですね(笑)水難事故に関しては、暑くなると同時に増える訳ですが、自然災害や仕事等は例外として、遊びに行って水の事故は、残念ながら自業自得としか言えません。と言うか、自然淘汰なのだから、仕方ない(笑)危機管理能力もさる事ながら、危険を察知し、回避する能力と言うのは、本来、動物の本能として備わっている物で、本当に生きる気力が在るなら、生き残る事が出来るんですよ。これが、まだ小さい子供辺りなら、難しい状況と言うのが存在してしまいますが、それでも、危険察知、回避の能力は、思考が定まっていない分、動物本来の能力としては上の筈なので、元々、生きる力が不足していたのだろうと言う判断にしかなりません。自然界の動物も、これがない個体は普通に淘汰されていきます。更に、10年以上の歳を重ねた人間の場合、最早、生物として生命力がないと言わざるを得ない。危険察知も回避も、当然、危機管理能力すら持っていないのだから、自然災害に遭ったら、尚更、自然淘汰の対称にしかならない。海、山、川等、自然の中で遊ぶ機会が少なくなってきたと言う事情はあるにせよ、危険察知と回避は、本能だから(笑)だからと言って、子供を放置しっぱなしで、本能だけに頼らせるのは問題。基本は動物としての本能ですが、それは、最後の手段であって、危機管理能力は(危機管理能力が欠如した大人が増えている為、単純に、危機管理能力は大人の方が上なので、とは書けず)大人の方が上でなくてはならないので、やはり子供連れの場合は、注意する事が必要でしょう。その上で、何かあった時に、本能が発揮されると言うのが最良。大人は知りませんよ(笑)既に、頭で考える危機管理能力を身に付けられている筈ですから。
posted by ぴよぴよ at 01:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

知らなかったら、先に調べろ。

先日の何故調べないのかに関連してますが、何故、株式市場に上場できるのか、知らない人間が多過ぎる(笑)それって、突き詰めた結果として存在している今の形式を知らないと言う事は、資本主義を知らないと言う事とほぼ同義ですよ(笑)別に、株式を上場するのに、会社自体の善悪、正邪は直接関係ないんですよ(笑)途中で売り上げが下がる事があれば、すぐ上場廃止の対象になるので、滅多な事で上場できないと言うだけで、それなりの期間の間、一定の利益を常に上げ続け、今後も利益を上げ続けられると見込めるのであれば、上場なんて直ぐにできるんです(笑)売り上げ至上主義と言うか、拝金主義と言うか。今の日本企業の大半がブラック企業の理由は、ここにあります。それにしても、資本主義社会で生活しているのに、何故上場できるのかわからない、と言うのは、私は馬鹿ですと公言してるようなものです(笑)しかも、ネットで発言しているならば、世界中に向かって(笑)まず、株式の仕組みを知った上で発言しないと、何を言ってるんだお前は、と言う事になる(笑)つまり、疑問に思ったら、発言する前に、何故調べないのか、と言う事。ツイッターとか、思いついた事そのままの短文メールばかりしていると、浅はかな思考しか出来なくなってくると言う事。要するに馬鹿。故に、ツイッターはバカッターと揶揄される訳(笑)
もっとも、仕組みを知った上で発言している場合も無きにしも在らずですが。私の場合は、概ねそちらの傾向が強いので、度々、何を言ってるんだと言う輩に出会いますが(笑)一点集中は、馬鹿の一つ覚えと同義。
とは言うものの、コケの一念、岩をも通す、とか、マンチェスター経営学なんてものもありますから、使い方によっては、馬鹿な考えでもないんですが、そういう物もあると言う事を念頭に含めた形で発言するのと、そう言う思考を全く持たずに発言するのとでは、大きく意味が違ってくるんですね。簡単に言うと、例外があると言う事を理解しているかいないか。日本人の多くは、この、物事には例外もある、と言う事を排除した思考しかしていないので、間違いだらけの事ばかりしてしまう訳です。勿論、例外があると言っても、その例外の割合が大き過ぎても、適切な思考にはならないので、その比重も考えに入れなくてはならないのですが、折角、例外もあると理解しているにも関わらず、それをわかっている人の大半は、この比重と言う考えを排除してしまっているので、やはり、間違いだらけの事ばかりしてしまう訳です。
物事を見ただけの人間200人に対して、物事を理解した人間100人。その内、例外もあると理解している人間50人。更に、その割合の比重も考えられる人間25人。と、最終的に正しい判断が出来る人間は、総数全体の100分の1しか、いないと言う事です(笑)因みに、最後の25人は、専門家ではありません。専門家と言うのは、一点集中の最たる立場ですから、決して、正しい判断が出来る人間にはならないのです。結果を出すのが専門家であって、その出した結果を最終的に判断するのは、専門家ではないのです。近視眼的で、物事の全体を俯瞰する事ができなくなっている人間は、専門家と同じ環境になっていると看做す事が出来るので、正しい判断が出来ないと言う事に繋がり、結果的に、間違いだらけの日本人と言う事になってしまうんでしょうね。
posted by ぴよぴよ at 23:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

何故調べないのか

ある事柄に対して、自分で調べようとしない人間が増えている。まあ、これが所謂、間違いだらけの日本人な訳だが。ネット全盛の時代にあって、スマホやPCを持ってるにも関わらず、調べようとしないのは、宝の持ち腐れ、と言うか、その道具を使わないのなら、必要ないので、捨ててしまえと言う話。
理由は色々あると思うが、恐らく調べるのが面倒とか、調べるより人に聞いた方が早いと言う考えであろう。が、そういう輩に限って、必ずと言って良い程、ソースを出せと言い始める(笑)
そもそも、人の情報が信用できないなら、人に聞く前に、まず自分で調べろと言いたい。そのソースが知りたいのなら自分で探せばいい、最初に情報を出した人間も調べているはずなのだから。人の上前ばかりを掠め取るような方法は、いい加減、隣の国の人間と変わらない事に気づいた方が良い。ソースを出せと言う前に、まず自分で調べた物と違うなら、意見したり、話し合うことも可能だが、調べた前提がないのだから、建設的な話が出来る訳はなく、お話にならない。と言っても、今や小中学生が、普通にネットをやってる時代なので、そのソースを出せと言ってる人間が、思考レベルの低い小中学生の可能性もある訳だが(笑)
因みに、ある事柄について、ソースを出したとしても、その情報が正しいかの判断は、やはり自分で調べなくてはいけないので、この情報が正しさを証明する事について、ネット上では、わざわざソースを出す必要は全くないと言う事に気付いた今日この頃(笑)
ネット上では、すぐ調べられるので、引用や参考、一部転載についても、ソースを書く必要はないと言う訳です。これが書籍となると探し出すこと自体が、まあ、ネットで調べて下さいで済ます事も可能と言えば可能でしょうが、そもそもの媒体が違う上に、記録として残っている物なので、ソースは必要になるでしょう。
また、ネット上の情報は、簡単に消えてしまう可能性が高いので、ソースを提示するだけムダ。むしろ、その都度、最新の情報を調べた方が、より信憑性の高い情報を得る事が出来ると言う理由もあります。
そんなこんなで、何かあれば、調べると言うクセをつけないといけませんね。時間がないなら、ネット検索が一番ですよ(笑)
posted by ぴよぴよ at 09:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

2016年07月29日

□今度は名古屋にも出来る!



posted by ぴよぴよ at 04:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

2016年07月24日

2016年07月22日