2018年04月05日

取材とは何か

ニュース等で、よく取材すると言うのがありますが、取材と言うのは、読んで字の如く、材料を取ってくる事ですね(笑)別に難しい事でも何でもないんです。問題はその事実をありのまま伝えれば良いだけなのに、そこで取材した人間の思考や考察が入ってしまう事。事実に対してどう思うかはそれを受け取る側が考える事で、取材したニュースに対し意図した何かを入れた時点で、それは情報操作していると言う事になります。
近年、この情報操作、解説や論評を加えながら意図した方向へ向かわせようとする事が多い為、マスメディアの信用が落ちている訳。
勿論、取材した事柄に思考や考察を入れる場合、例えば、コラムであったり論説等であれば、個人の意見が入っても、それは個人の感想と言う域になり、内容に関わらず、ニュースには当らないので問題ないのですが、それが正しいかどうかは別の話になるので、受け取り手はよく考えなければなりません。
猫も杓子も論説、解説を入れなければならないのは、ニュースではありません。ニュースの3要件と言うのは、新鮮さ・早さ・正確さ、なので解説をいれた時点で、速達性と正確さを満たしておらず、ニュースにはならないのです。勿論、注目を集める目的で、早さだけを満たしていても、内容がなければ、ニュースとは言いません。基本的な事柄を理解していないので問題ばかり発生し、その問題も解決できない。これが間違いだらけの日本人の典型なのです。
posted by ぴよぴよ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

■超高速レンタルサーバー



posted by ぴよぴよ at 01:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

2018年03月10日

2018年03月05日

2018年03月01日

度々出る、小学校のテストの問題

よく小学校で、算数の計算で度々起こる問題で、まだ教えていない計算方法で答えると不正解にされてしまうというのがあります。
答えがあってるからいいじゃないか、という意見がありますが、そもそも学校は考え方を教えるところであって、答えだけを教えるところではありません。
これを理解していない時点で、その人間には、まともな思考力が付いていない事がわかります。
それこそ、もう一度、小学校からやり直すべきレベル。
で、当の考え方の理由なんですが、Aと言う答え方が正解だったとして、Bと言う答え方が出てきた理由に、Aと言う考え方をした上でBと言う考え方が出てきたのか、Bと言う答えだけではわかりません。

正解にするとしても、Bと言う答えの中にAと言う考えが含まれての答えなのか、それともAと言う考え方は含まれておらず、全く違う考えでその答え方を導き出したのでは、意味が違ってしまう訳で。
それが説明できれば、Bと言う答えを正解としても良いのではないかと思います。
何故、答えさえあっていれば、全く違う考え方で答えてはいけないのか、と言うと、Aと言う考え方をする人に説明が出来ない上に、理解できないから。
自身が他人の考えを理解できないと言う事にも繋がるからです。
どんなに頭が良くても、他人を理解出来るほどの思考を持ち合わせていない人ばかりの国では、争い事が増えるだけで、意味がないのです。
つまり、学校としての教え方は間違っていないのです。

これしかないではなく、これもあるし、あれもあるが、日本では、今はこれだけを覚えてください、という、段階を追って教える方式を取っています。と言う事を理解していないと、答えさえあってればと言う思考になります。これは目先の事だけしか見られない、ひどく浅い思考しか出来ていない人達、つまり、将来の事がわからない人達と同じと言う訳です。
いっぺんにあれもこれもは覚えられないし、かといって、逆に、これだけ覚えれば良いだと、馬鹿の一つ覚えで汎用性がなくなり思考停止に陥るので、順番に覚えていくと言うのは、方法論としては間違っていないのです。今の日本人の殆どが思考停止になっているのは、それだけしか考えていないか、何も考えていないから。
要するに、答えさえあっていいれば良い、と言う思考だからなんです。
ある問題が起こった場合、根本的な原因を解明できず、その場しのぎの対応しか出来ないのは、答えさえあっていればと言う思考で結果しか見ていないから。残念ながら、ここに気付ける日本人はごく僅かしかいません。考えると言う事を面倒くさがって、止めてしまってるから。はい。ここで問題を大きくするばかりで、何の役にも立たない思考停止の日本人の出来上がりですね(笑)
posted by ぴよぴよ at 09:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日